一般歯科general

むし歯の原因と治療法

むし歯の原因

歯の表面に付いた白くてネバネバしたものが、歯垢(プラーク)です。これは食べ物が付着したものではなく、細菌が付着した汚れです。歯垢は粘着性があるため、歯ブラシで磨かなければ落とすことはできません。
歯垢が落とし切れずに残っていると、細菌はさらに増えてむし歯や歯周病の原因になります。

歯石は、歯垢に唾液のカルシウムがくっついて固まったものです。歯石に変化してしまうと、歯ブラシだけでは除去できなくなります。歯石は細菌の巣となり、そのまま放置すると周囲の歯肉を刺激して歯肉炎となり、最終的には歯周病になります。
細菌がつくり出した酸はエナメル質を溶かし、歯に穴をつくってむし歯を進行させます。

むし歯を放置すると

むし歯が進行すると神経に達します。そのまま放置しておくと、神経がつながっている骨まで細菌が感染し、痛みを感じるようになります。
進行したむし歯は、たとえ身体が元気でも自然治癒はしません。適切な治療が必要になります。

むし歯の治療

治療法は、大きく分けて「つめる」「はめ込む」「被せる」の3つです。

1つめる……初期のむし歯で行う治療です。
2はめ込む……初期~中期程度のむし歯で行う治療です。
3被せる……中~重度の大きなむし歯で行う治療です。

むし歯予防・歯周病予防

むし歯や歯周病の予防は、毎日のブラッシングが一番大切です。
現代では生活習慣病と言われており、日頃のケアが大きく関わってきます。
歯磨きに時間をかけ、念入りにブラッシングしていても磨き残しはあるものです。

忙しくて歯科医院に通う時間を取れないという方も多いのですが、ブラッシングでは落とし切れない歯石を定期的に除去することをおすすめします。

歯周病チェック

歯から血が出る
歯がぐらぐら動く
口臭がある

上記のような症状がある方は、歯周病の可能性が高いので検査を行いましょう!
歯周病の一番効果的な治療法は、予防・メンテナンスです。
治療をせずに放置しておくと歯周病が進行し、最悪の場合は抜歯をしなくてはいけなくなります。早期に治療をすれば改善できるので、早めの受診をおすすめします。

痛みを軽減するために

痛みは悪いところを教えてくれる大切な信号ではありますが、痛みのある治療は誰でもいやなものです。
当院では、必要に応じて麻酔を使い、麻酔の量や位置を調整して、できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCは、歯科のプロである歯科医師または歯科衛生士が専用の器具を使って歯にこびりついた最近を除去し、お口の中を清掃する歯科クリーニングです。
歯周病やむし歯の予防、歯の黄ばみの除去、口臭の予防にも役立ちます。

スケーリング

主に歯周病の初期治療として行われます。PMTCでは対応できない歯石を除去することができ、歯周病の進行を抑えて予防することが可能です。
日々のブラッシングに自信がなかったり、健康な歯をキープしたい方にはおすすめです。

  • 顎関節症専門サイト
  • Facebook
  • 院長のつぶやき
tel_pc.png